一口に老人福祉施設と言っても実にたくさんの種類の施設があります。ここではいくつかの老人福祉施設について紹介したいと思います。老人福祉施設を知ることで老後の幅を広げておくのもいいことでしょう。
また、現在老人福祉施設をお探しの方にはどのタイプの施設がいいのかが選びやすくなるのではないでしょうか。
老人デイサービスセンターとは、サービスを受ける対象となる高齢者に対して様々なサービスを提供する施設です。デイサービスという名前がついているくらいですので、基本的には一日単位でサービスが行われることになっています。そのサービス内容としては主に高齢者に対して入浴や食事を提供したり、機能訓練をしたり、或いは高齢者の家族に対しての介護方法の指導等となっています。
基本的に朝介護サービスの方が自宅に来て夕方頃には帰ると言った流れです。昼間は仕事などで自宅介護ができないような方に向いているサービスです。
行政の措置によってサービスセンターに通わせる高齢者
具体的に言うと年齢は65歳以上であって、身体又は精神に何らかの障害があるために日常生活を営むのに支障があり、にもかかわらず何らかの止むを得ない事由によって介護保険法で規定された通所介護を利用することが著しく困難であると認められた場合となっています。
介護保険法やその他の政令で利用を認められた高齢者となっています。
具体的な事は上記の内容と同じになります。
利用を認められた高齢者ですので、利用を認められないといけません。その為に近くの区役所などで認定を受ける為の手続きなどを行って下さい。
また、介護保険適用されていれば、要介護度別での1割負担する事で利用する事が出来ます。利用しているデイサービスにもよりますが、利用費以外に食費や入浴費などが必要な場合もあります。
デイサービスはその施設や介護を必要としている方の介護度合いにもよるのですが、通う日数なども自分で決める事も出来ますので、在宅介護で昼間だけ介護サービスが必要な方はいいのではないかと思います。
この老人短期入所施設に高齢者が入所するケースとしてよくあるのは、高齢者に介護を行なう立場である養護者に疾病やその他の理由が生じて、それ故に高齢者がその自宅において介護を受けることが一時的に困難となった場合です。そうした状況が出現した場合に、サービス対象となる高齢者を一時的、或いは短期間施設に入所させ、養護することを目的としています。
この養護老人ホームの設置、運営目的は、65歳以上の高齢者をそこに入所させて、養護することにあります。従ってこの養護老人ホームは所謂介護保険施設ではありません。また養護老人ホームは行政による措置施設ということになります。
養護老人ホームの入所者に関してその条件を言うと、経済的な理由、事情等によってその自宅において養護を受けることが困難な人です。ここでよく誤解されがちなのは、この養護老人ホームは後述する特別養護老人ホームとは異なり、自立者が入所の対象となっています。

注目サイト


池袋の賃貸探しをサポートさせていただきます!



2020/3/26 更新

Copyright (C) 2008 有料老人ホームについて知っておくべきこと. All Rights Reserved.